カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.10.31 Thursday

大嘗祭は日本国再生の秘儀

0

    大嘗祭は日本国再生の秘儀

     

    日本各地にはたくさんの神社があります。

    それらの神社では決まった時期にお祭りがあります。

    いわゆる例祭と呼ばれるものです。

    例祭はその神社の大祭にあたります。

    また、大祭とは別に「特殊神事」を行う神社も少なくありません。

    これらの祭祀や神事に参列したり、立ち会って奉拝するチャンスに恵まれることは素晴らしいことです。

    一緒に祈る機会が得られるからです。

    そして、その祭祀や神事にまつわる故事を理解しておくと、よりよいものとなるでしょう。

     

    大嘗祭は天武天皇の時代に形式が整い、現在まで続いています。

    また、伊勢神宮の式年遷宮の制度を整えたのも天武天皇でした。

    天武天皇はそれ以前にあった祭祀を整えて、大嘗祭として大成しました。

    大嘗祭には神道のエッセンスが凝縮されています。

    それゆえ、宮中祭祀の最重儀の祭祀として、また日本最大の祭祀として大嘗祭が存在します。

     

    大嘗祭は即位儀礼であると同時に、五穀豊穣に感謝する祭祀でもあります。

    かつて、どの時代のどの地域においても、王の役割は同じでした。

    つまり、国が富みで、国民がすこやかに暮らすことです。

    そのため、近年まで、王の務めは「農」を国家の大本に据えて政(まつりごと)を行うことでした。

    食はいのちの糧であり、今も昔も基本的な治政の根本理念であることに変わりありません。

    その理念をカタチにするため、天皇陛下みずからが耕作し、皇后陛下みずからが養蚕を行うのです。

    わたしたち国民は天皇皇后両陛下を規範として、労働にいそしんできました。

    労働によって自然から得られた恵みを、神々からの賜りものとして慎んでいただきました。

    そして、古来の伝統的な儀礼を維持し継承することで、人としてあるべき生き方を子々孫々に示すことができました。

    その最も象徴的な儀礼こそが大嘗祭なのです。

     

    112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

    日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

    今日、あらゆるものが変化する中で、決して失ってはいけないものがあります。

    いのちの営みとしての「日々の生活を疎かにしてはいけない」ことを伝えるのが大嘗祭です。

    大嘗祭が繰り返されることで、古代の叡智は再現されます。

    現代人が喪失しようとしているものを守り、日本のいのちを新しく輝かせることができるのです。

    大嘗祭は、未来に伝えるべき祈りであり、人が人であり続けるための智慧です。

    大嘗祭は日本国再生の秘儀です!

     

     

    【11月のセミナー/ワークショップ】

    ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
    ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
    ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
    ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
    ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
    ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
    ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
    ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
    ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
    ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
    ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
    ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
    ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

     

    【新規講座・ワークショップ】

    11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

    ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

    ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

    ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

    ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

    ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
    1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
    ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
    ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

     

     

    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


    2019.10.30 Wednesday

    大嘗祭の最大のヒミツは神嘗祭がカギ!

    0

      大嘗祭の最大のヒミツは神嘗祭がカギ!

       

      大嘗祭に関連する祭祀に「神嘗祭(かんなめさい)」があります。

      神嘗祭とは、伊勢神宮で行われる最重儀の祭祀です。

      宮中祭祀における最重儀の祭祀が大嘗祭であることと対応します。

      したがって、大嘗祭を考える時、神嘗祭を無視できません。

       

      11月の大嘗祭に先立って、伊勢神宮では10月に神嘗祭が行われます。

      現在、伊勢神宮の最高位の職を「祭主(さいしゅ)」と言いますが、かつては「斎宮(さいぐう)」と呼びました。

      斎宮には、「天照大神の御杖代(みつえしろ)」として、皇女が就任していました。

      かつて、伊勢神宮の御神体である八咫鏡(やたのかがみ)は歴代天皇がお祭りしていました。

      しかし、お祭りすることができなくなり、第10代 崇神天皇の時代、皇女とともに宮中を出ました。

      「御杖代」とは、ネット検索すると「神や天皇の杖代わりとなって奉仕する者」と出てきます。

      あるいは「神の斎を執り行う者」「神に敬いかしずく者」などと出てきます。

      これは決して間違いではありませんが、正解でもありません。

      「御杖代」は単なる役職ではありません。

      実は「御杖代」という言葉そのものに、ヒミツを解くカギが隠されています。

      このカギを使うと、なんと!大嘗祭の最大のヒミツが紐解けるのです。

      大嘗祭を理解するためには、伊勢神宮の神嘗祭と御杖代である斎宮がカギとなります。

      ちなみに、伊勢神宮を20年に一度遷宮する式年遷宮を定めたのは天武天皇です。

      天武天皇は神道に大きな影響を与えた天皇のひとりです。

      後世にさまざまな秘儀が残るよう大仕掛けをした天皇だったのです。

       

      112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

      日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

      伊勢神宮の内宮正殿には、天照大神の御神体として八咫鏡が奉祭されています。

      その正殿では、八咫鏡と一緒に二柱の神が祭られています。

      天手力男(あめのたぢからお)神と万幡豊秋津(よろづはたとよあきつ)姫命です。

      天手力男神は天の岩屋戸に籠った天照大神をこの世に引き出した神です。

      それでは、万幡豊秋津姫命はなぜ八咫鏡と一緒に祭られているのでしょうか?

       

       

      【11月のセミナー/ワークショップ】

      ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
      ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
      ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
      ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
      ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
      ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
      ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
      ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
      ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
      ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
      ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
      ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
      ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

       

      【新規講座・ワークショップ】

      11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

      ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

      ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

      ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

      ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

      ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
      1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
      ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
      ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

       

       

      セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


      2019.10.29 Tuesday

      大嘗祭と縄文祭祀

      0

        大嘗祭と縄文祭祀

         

        大嘗祭が成立した時期は第40代 天武天皇の時代(7世紀半ば)とされています。

        それ以前にも、大嘗祭に類似した祭祀は行われていました。

        そもそも大嘗祭とは、即位儀礼である以前に五穀豊穣に関わる祭祀でした。

        その観点からすると、大嘗祭のルーツは遥か古代にさかのぼります。

         

        大嘗祭に関連する祭祀に「神嘗祭(かんなめさい)」があります。

        神嘗祭とは、伊勢神宮で行われる最重儀の祭祀です。

        宮中祭祀における最重儀の祭祀が大嘗祭であることと対応します。

        したがって、大嘗祭を考える時、神嘗祭を無視できません。

         

        大嘗祭や神嘗祭には、非常に古い祭祀のカタチが残っています。

        上記のとおり、天武天皇によって形式が定まりましたが、それらのルーツが古いのです!

        ある部分は弥生時代に、そしてある部分は縄文時代にまでさかのぼるのです!!

        天武天皇は宗教の編成を行った天皇として知られています。

        道教を導入し、神道を整備し、仏教を保護しました。

        また、日本各地の伝統文化の情報収集に尽力し、また奨励しました。

        そして、日本の歴史書を書くよう命令したのも天武天皇で、のちに完成したのが『古事記』と『日本書紀』です。

        天武天皇はさまざまな分野に渡って、多くの才能を発揮した天皇です。

        天武天皇の事績を見るに、私は天武天皇は「錬金術師」だったと思っています(笑)。

        控えめに言っても、天武天皇は錬金術的な思想を持ち、また活動をしています。

        このような経緯があったので、大嘗祭の形式が整えられる時、古いものまでが取り込まれたのです!

         

        112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

        日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

        大嘗祭には縄文時代の祭祀が受け継がれています!

        古代の叡智を紐解きます!!

         

         

        【11月のセミナー/ワークショップ】

        ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
        ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
        ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
        ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
        ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
        ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
        ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
        ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
        ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
        ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
        ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
        ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
        ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

         

        【新規講座・ワークショップ】

        11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

        ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

        ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

        ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

        ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

        ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
        1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
        ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
        ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

         

         

        セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


        2019.10.28 Monday

        蠍座の新月には、大切なものが受け継がれていること、継承への気付きを得ます

        0

          ●10月28日12:38 新月を蠍座で迎えます。

           

          次への継承を祈ります♪

           

          旧暦10月がはじまります。

           

          蠍座の新月には、大切なものが受け継がれていること、継承への気付きを得ます♪

           

          先祖、家系、文化継承、約束、癒し、健康に関わるとよいですよ。

           

          また、洗面所、お手洗い、お風呂、寝室、仏壇、お墓の掃除、発酵食品、薬品、アンダーウェア、想い出の整理もおススメです。

           

          ツキを招き心軽やかに気持ちのよいスタートをしたいですね。

           

          今日もステキな一日を♪

           

           

          【11月のセミナー/ワークショップ】

          ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
          ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
          ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
          ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
          ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
          ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
          ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
          ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
          ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
          ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
          ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
          ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
          ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

           

          【新規講座・ワークショップ】

          11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

          ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

          ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

          ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

          ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

          ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
          1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
          ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
          ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

           

           

          セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


          2019.10.27 Sunday

          大嘗祭とシャーマン

          0

            大嘗祭とシャーマン

             

            大嘗祭は宮中祭祀において最も重儀の祭祀です。

            ゆえに厳格さを連想するので、フワフワした儀式など寄せ付けないイメージがあります。

            しかし実際はシャーマニズム、つまり巫術の色が濃厚です。

             

            現在は「シャーマニズム」という言葉は学術用語として世界中の至るところで使われています。

            本来は北アジアの呪術者をシャーマン(シャマン)と呼びました。

            その後、シャーマンの呪術はアジアに広く分布していることがわかります。

            もちろん、日本にもシャーマニズムの思想や技術が流れ込みました。

            そして、それらは日本の最高の祭祀である大嘗祭にも取り込まれました。

             

            令和の大嘗祭では、さまざまな人が関わります。

            古代の大嘗祭においても、さまざまな氏族が奉仕しました。

            そのうち、シャーマニズムに関わる氏族もいました。

            その氏族が天皇家の祭祀を表から裏からサポートしました。

            令和の時代になっても、大嘗祭を通してシャーマニズムの伝統が受け継がれています!

            日本に大嘗祭という祭祀が残っていることは、世界に誇るべきことです。

             

            112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

            日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

            大嘗祭にはシャーマニズムの伝統が息づいています。

            シャーマニズムに興味のある方は必修です!

             

            緊急開催!日本のこころシリーズ【大嘗祭の秘儀】集中講座 〜受け継がれる祈りのかたち〜  

            西宮夙川(しゅくがわ)教室 はじめてでも大丈夫

             

            【日 時】 11月2日(土)・11月3日(日) 全2日 10時〜17時

             

            【受講料】 ¥30,000(税込)/全2日  ※お菓子とお抹茶付き♪

             

            【内 容】 令和という新しい時代を迎え、本年11月、大嘗祭が行われます。 大嘗祭は「日本国再生の秘儀」です! 2日間にわたって、大嘗祭と日本の祭祀についてお話いたします。

             宮中祭祀とは、宮中で天皇陛下が自ら行われる祭祀です。 「お告文(つげぶみ)」を奏上する厳粛な「大祭」を筆頭に、「小祭」や「その他の祭儀」の3つの種類があります。 特に、大祭の中で唯一古代から受け継がれている重要な宮中祭祀が新嘗(にいなめ)祭です。 新嘗祭は『古事記』の雄略天皇の条に、その伝承を示す歌をみることができます。 また、毎年営まれる新嘗祭に対し、新天皇のご即位に際して行われる祭祀が大嘗祭です。 大嘗祭は天皇一世一代の祭祀で、「毎世(まいせい)の大嘗」と呼ばれる皇室の最も大切な祭祀です。

             祭祀は文化の核、つまり精神的な支柱です。 祭祀には、民族や氏族固有の世界観、そして伝承が今なお息づいています。 祭祀は「原初の時」の記憶を維持し、それを繰り返すことで、共同体の意識を統合することができます。 天皇陛下自らが行う宮中祭祀の対極に位置するものが民間祭祀です。 興味深いことに、宮中祭祀には民間祭祀と多くの共通点があります。 民間祭祀の頂点に立つものが宮中祭祀であると考えると、納得もいきます。 特に宮中祭祀の最重儀である大嘗祭は、すでに失われてしまった民間祭祀の原型を見つけることができます。 京都で行われる祇園祭は、その絢爛豪華さから「動く美術館」と呼ばれます。 それならば、大嘗祭は「祭祀の玉手箱」です!

             

            ◎ 講座で学ぶこと ◎ 
             ・大嘗祭は古代祭祀の玉手箱!  大嘗祭の中のシャーマニズム  大嘗祭の謎の御祭神
             ・記紀から読み解く秘儀と呪術の世界  伊勢「神嘗祭」と宮中「大嘗祭」の関係
             ・初代!神武天皇の「顕斎」秘儀   天岩屋戸神話と鎮魂呪術 
             ・風の秘儀:天の羽衣と大嘗祭   水の秘儀:難波津の八十島祭と禊の呪術
             ・火の秘儀:天皇の日継ぎと出雲の火継ぎ   土の秘儀:土器の呪法
             ・柱の秘儀:縄文祭祀と大嘗祭

             ・秘儀を伝承する日本の底チカラ  繰り返される古代の祈り

             

            【お申込みフォーム】

             

             

            【11月のセミナー/ワークショップ】

            ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
            ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
            ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
            ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
            ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
            ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
            ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
            ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
            ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
            ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
            ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
            ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
            ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

             

            【新規講座・ワークショップ】

            11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

            ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

            ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

            ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

            ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

            ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
            1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
            ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
            ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

             

             

            セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


            2019.10.26 Saturday

            大嘗祭に散りばめられた秘儀

            0

              大嘗祭に散りばめられた秘儀

               

              1114日から15日にかけて大嘗祭が行われます。

              宮中祭祀においては最も重儀の祭祀です。

              それゆえに、大嘗祭の儀式にはたくさんの呪術が盛り込まれています!

              その例を挙げます。

               

              ・風の秘儀:天の羽衣

              ・水の秘儀:八十島祭と禊

              ・火の秘儀:日継ぎと火継ぎ

              ・土の秘儀:土器の呪術

               

              実はこれらは、『古事記』や『日本書紀』、あるいは伝承として語られています。

              語られてはいますが、それが大嘗祭と関わっているようには書かれていません。

              そこがミソです!

              大嘗祭には各方面からの呪術が盛り込まれています。

              大嘗祭を理解して、記紀を読み直したり、伝承を聞き返すと、面白いことに気付くでしょう。

              大切なものごとを、わざわざ文字として明らかには残しません。

              書物の中に暗号のように隠したり、あるいは伝承として地方で語られます。

              呪術の伝達方法は、いわゆる口伝(アルカナ)的なのです。

               

              112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

              日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

              『古事記』や『日本書紀』は歴史書として認識されています。

              しかし、アルカナ的な目で見ると、呪術書として読めるのです!

               

              緊急開催!日本のこころシリーズ【大嘗祭の秘儀】集中講座 〜受け継がれる祈りのかたち〜  

              西宮夙川(しゅくがわ)教室 はじめてでも大丈夫

               

              【日 時】 11月2日(土)・11月3日(日) 全2日 10時〜17時

               

              【受講料】 ¥30,000(税込)/全2日  ※お菓子とお抹茶付き♪

               

              【内 容】 令和という新しい時代を迎え、本年11月、大嘗祭が行われます。 大嘗祭は「日本国再生の秘儀」です! 2日間にわたって、大嘗祭と日本の祭祀についてお話いたします。

               宮中祭祀とは、宮中で天皇陛下が自ら行われる祭祀です。 「お告文(つげぶみ)」を奏上する厳粛な「大祭」を筆頭に、「小祭」や「その他の祭儀」の3つの種類があります。 特に、大祭の中で唯一古代から受け継がれている重要な宮中祭祀が新嘗(にいなめ)祭です。 新嘗祭は『古事記』の雄略天皇の条に、その伝承を示す歌をみることができます。 また、毎年営まれる新嘗祭に対し、新天皇のご即位に際して行われる祭祀が大嘗祭です。 大嘗祭は天皇一世一代の祭祀で、「毎世(まいせい)の大嘗」と呼ばれる皇室の最も大切な祭祀です。

               祭祀は文化の核、つまり精神的な支柱です。 祭祀には、民族や氏族固有の世界観、そして伝承が今なお息づいています。 祭祀は「原初の時」の記憶を維持し、それを繰り返すことで、共同体の意識を統合することができます。 天皇陛下自らが行う宮中祭祀の対極に位置するものが民間祭祀です。 興味深いことに、宮中祭祀には民間祭祀と多くの共通点があります。 民間祭祀の頂点に立つものが宮中祭祀であると考えると、納得もいきます。 特に宮中祭祀の最重儀である大嘗祭は、すでに失われてしまった民間祭祀の原型を見つけることができます。 京都で行われる祇園祭は、その絢爛豪華さから「動く美術館」と呼ばれます。 それならば、大嘗祭は「祭祀の玉手箱」です!

               

              ◎ 講座で学ぶこと ◎ 
               ・大嘗祭は古代祭祀の玉手箱!  大嘗祭の中のシャーマニズム  大嘗祭の謎の御祭神
               ・記紀から読み解く秘儀と呪術の世界  伊勢「神嘗祭」と宮中「大嘗祭」の関係
               ・初代!神武天皇の「顕斎」秘儀   天岩屋戸神話と鎮魂呪術 
               ・風の秘儀:天の羽衣と大嘗祭   水の秘儀:難波津の八十島祭と禊の呪術
               ・火の秘儀:天皇の日継ぎと出雲の火継ぎ   土の秘儀:土器の呪法
               ・柱の秘儀:縄文祭祀と大嘗祭

               ・秘儀を伝承する日本の底チカラ  繰り返される古代の祈り

               

              【お申込みフォーム】

               

               

              【11月のセミナー/ワークショップ】

              ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
              ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
              ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
              ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
              ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
              ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
              ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
              ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
              ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
              ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
              ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
              ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
              ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

               

              【新規講座・ワークショップ】

              11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

              ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

              ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

              ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

              ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

              ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
              1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
              ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
              ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

               

               

              セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


              2019.10.25 Friday

              大嘗祭と占い

              0

                大嘗祭と占い

                 

                大嘗祭では頻繁に占いを行います。

                有名なところでは、「斎田点定」です。

                日本各地で稲が栽培されていますが、そのうち2カ所から稲を選び、聖なる稲とします。

                実は、稲以外にも折に触れて、占いが行われます。

                厳格な式次第が決まっている大嘗祭において、わざわざ占いを行うことを意外に思う方もいらっしゃるかもしれません。

                しかし、古来、占いとは神事でした。

                神事の一環として行われることもありましたし、占いそのものが神事であることもありました。

                現在、さまざまな占いがありますが、本来、占いのルーツは神事であるということを忘れてはなりません。

                当スクールでは、占星術やタロットなどの講座を開講しています。

                そこでは「占いは神事」という真摯な姿勢で取り組んでいます。

                 

                話を戻しますと、なぜ、聖なる稲を占いによって求めるのでしょう?

                最初から、お供え専用の聖なる田んぼを用意しておいて、そこで精魂込めて稲を栽培すればよいと思いませんか?

                しかし実際は、古代の方々はそのように考えず、またあらかじめ聖なる田んぼを用意しませんでした。

                とはいえ、占いによって決めるのは手間暇のかかる極めて効率の悪いことです。

                現代人にとっては理解しがたいことでしょう。

                効率化というのは現代人の思考の癖なので、その癖を外して、深慮する必要があります。

                神事に効率化を導入すると、神事に張り巡らされた繊細な配線をプツンと断ち切ってしまう可能性があります。

                ありがたいことに、大嘗祭は古来の祭祀を受け継いで残していますので、私たち現代人にとっては大きな問題提起でもあります。

                さて、なぜ、占いによって聖なる稲を求めるのでしょう?

                 

                112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

                日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

                占いと神事は切り離せませんし、切り離してはなりません。

                大嘗祭における占いは、非常に重要なものです。

                大嘗祭を通して占いの真髄を学びましょう!

                 

                緊急開催!日本のこころシリーズ【大嘗祭の秘儀】集中講座 〜受け継がれる祈りのかたち〜  

                西宮夙川(しゅくがわ)教室 はじめてでも大丈夫

                 

                【日 時】 11月2日(土)・11月3日(日) 全2日 10時〜17時

                 

                【受講料】 ¥30,000(税込)/全2日  ※お菓子とお抹茶付き♪

                 

                【内 容】 令和という新しい時代を迎え、本年11月、大嘗祭が行われます。 大嘗祭は「日本国再生の秘儀」です! 2日間にわたって、大嘗祭と日本の祭祀についてお話いたします。

                 宮中祭祀とは、宮中で天皇陛下が自ら行われる祭祀です。 「お告文(つげぶみ)」を奏上する厳粛な「大祭」を筆頭に、「小祭」や「その他の祭儀」の3つの種類があります。 特に、大祭の中で唯一古代から受け継がれている重要な宮中祭祀が新嘗(にいなめ)祭です。 新嘗祭は『古事記』の雄略天皇の条に、その伝承を示す歌をみることができます。 また、毎年営まれる新嘗祭に対し、新天皇のご即位に際して行われる祭祀が大嘗祭です。 大嘗祭は天皇一世一代の祭祀で、「毎世(まいせい)の大嘗」と呼ばれる皇室の最も大切な祭祀です。

                 祭祀は文化の核、つまり精神的な支柱です。 祭祀には、民族や氏族固有の世界観、そして伝承が今なお息づいています。 祭祀は「原初の時」の記憶を維持し、それを繰り返すことで、共同体の意識を統合することができます。 天皇陛下自らが行う宮中祭祀の対極に位置するものが民間祭祀です。 興味深いことに、宮中祭祀には民間祭祀と多くの共通点があります。 民間祭祀の頂点に立つものが宮中祭祀であると考えると、納得もいきます。 特に宮中祭祀の最重儀である大嘗祭は、すでに失われてしまった民間祭祀の原型を見つけることができます。 京都で行われる祇園祭は、その絢爛豪華さから「動く美術館」と呼ばれます。 それならば、大嘗祭は「祭祀の玉手箱」です!

                 

                ◎ 講座で学ぶこと ◎ 
                 ・大嘗祭は古代祭祀の玉手箱!  大嘗祭の中のシャーマニズム  大嘗祭の謎の御祭神
                 ・記紀から読み解く秘儀と呪術の世界  伊勢「神嘗祭」と宮中「大嘗祭」の関係
                 ・初代!神武天皇の「顕斎」秘儀   天岩屋戸神話と鎮魂呪術 
                 ・風の秘儀:天の羽衣と大嘗祭   水の秘儀:難波津の八十島祭と禊の呪術
                 ・火の秘儀:天皇の日継ぎと出雲の火継ぎ   土の秘儀:土器の呪法
                 ・柱の秘儀:縄文祭祀と大嘗祭

                 ・秘儀を伝承する日本の底チカラ  繰り返される古代の祈り

                 

                【お申込みフォーム】

                 

                 

                【11月のセミナー/ワークショップ】

                ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
                ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
                ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
                ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
                ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
                ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
                ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
                ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
                ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
                ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
                ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
                ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
                ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

                 

                【新規講座・ワークショップ】

                11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

                ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

                ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

                ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

                ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

                ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
                1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
                ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
                ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

                 

                 

                セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


                2019.10.24 Thursday

                大嘗祭は祈りの集大成

                0

                  大嘗祭は祈りの集大成

                   

                  大嘗祭は宮中祭祀のうち最も重儀の祭祀です。

                  毎年行われる新嘗祭(にいなめさい)を、即位後、盛大に行うのが大嘗祭だと理解されています。

                  しかし、実際はその規模が違うだけではなく、祭祀の性質も異なります。

                  ひと言で言うと、「大嘗祭は秘儀を組み合わせたもの」です。

                   

                  日本各地にはさまざまな祭祀、つまりお祭りがあります。

                  祭祀は古い形式が代々受け継がれるものですが、現在では意味が分からなくなったものもあります。

                  意味がわからなくなったとしても、伝統なので続ける必要があります。

                  形式だけでも後世に残さなくてはなりません。

                  なぜかというと、カタチの中に意味を込めるのが日本の祭祀だからです。

                  そのことを心得ていれば、カタチから意味を読み取ることができるのです。

                  つまり、祭祀を読み解く鍵はカタチです。

                   

                  大嘗祭は宮中祭祀の最重儀なので、古来の形式が意味とともに伝わっています。

                  大嘗祭について学べは、カタチという鍵を手にすることができます!

                  その鍵をもって、日本各地の祭祀を見ると、きっと今までとは違った祭りに見えるでしょう。

                  たとえるならば、客観的に祭りを見る側から、祭りをする主体になるような感じです。

                  祭祀においては、所作のひとつを取っても、深い意味があります。

                  それらの意味を理解することができれば、祈りのチカラも深まることでしょう。

                   

                  112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

                  日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

                  大嘗祭は秘儀であり、祈りの集大成です。

                  祈りのコツを学びませんか?

                   

                   

                  緊急開催!日本のこころシリーズ【大嘗祭の秘儀】集中講座 〜受け継がれる祈りのかたち〜  

                  西宮夙川(しゅくがわ)教室 はじめてでも大丈夫

                   

                  【日 時】 11月2日(土)・11月3日(日) 全2日 10時〜17時

                   

                  【受講料】 ¥30,000(税込)/全2日  ※お菓子とお抹茶付き♪

                   

                  【内 容】 令和という新しい時代を迎え、本年11月、大嘗祭が行われます。 大嘗祭は「日本国再生の秘儀」です! 2日間にわたって、大嘗祭と日本の祭祀についてお話いたします。

                   宮中祭祀とは、宮中で天皇陛下が自ら行われる祭祀です。 「お告文(つげぶみ)」を奏上する厳粛な「大祭」を筆頭に、「小祭」や「その他の祭儀」の3つの種類があります。 特に、大祭の中で唯一古代から受け継がれている重要な宮中祭祀が新嘗(にいなめ)祭です。 新嘗祭は『古事記』の雄略天皇の条に、その伝承を示す歌をみることができます。 また、毎年営まれる新嘗祭に対し、新天皇のご即位に際して行われる祭祀が大嘗祭です。 大嘗祭は天皇一世一代の祭祀で、「毎世(まいせい)の大嘗」と呼ばれる皇室の最も大切な祭祀です。

                   祭祀は文化の核、つまり精神的な支柱です。 祭祀には、民族や氏族固有の世界観、そして伝承が今なお息づいています。 祭祀は「原初の時」の記憶を維持し、それを繰り返すことで、共同体の意識を統合することができます。 天皇陛下自らが行う宮中祭祀の対極に位置するものが民間祭祀です。 興味深いことに、宮中祭祀には民間祭祀と多くの共通点があります。 民間祭祀の頂点に立つものが宮中祭祀であると考えると、納得もいきます。 特に宮中祭祀の最重儀である大嘗祭は、すでに失われてしまった民間祭祀の原型を見つけることができます。 京都で行われる祇園祭は、その絢爛豪華さから「動く美術館」と呼ばれます。 それならば、大嘗祭は「祭祀の玉手箱」です!

                   

                  ◎ 講座で学ぶこと ◎ 
                   ・大嘗祭は古代祭祀の玉手箱!  大嘗祭の中のシャーマニズム  大嘗祭の謎の御祭神
                   ・記紀から読み解く秘儀と呪術の世界  伊勢「神嘗祭」と宮中「大嘗祭」の関係
                   ・初代!神武天皇の「顕斎」秘儀   天岩屋戸神話と鎮魂呪術 
                   ・風の秘儀:天の羽衣と大嘗祭   水の秘儀:難波津の八十島祭と禊の呪術
                   ・火の秘儀:天皇の日継ぎと出雲の火継ぎ   土の秘儀:土器の呪法
                   ・柱の秘儀:縄文祭祀と大嘗祭

                   ・秘儀を伝承する日本の底チカラ  繰り返される古代の祈り

                   

                  【お申込みフォーム】

                   

                   

                  【11月のセミナー/ワークショップ】

                  ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
                  ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
                  ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
                  ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
                  ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
                  ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
                  ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
                  ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
                  ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
                  ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
                  ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
                  ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
                  ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

                   

                  【新規講座・ワークショップ】

                  11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

                  ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

                  ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

                  ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

                  ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

                  ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
                  ・12月26日(木) 【幸招き♪冬至正月 カモワンタロットセッション】  2020年の幸を招く♪

                  ・1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
                  ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
                  ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

                   

                   

                  セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


                  2019.10.22 Tuesday

                  祝!即位礼正殿の儀

                  0

                    祝!即位礼正殿の儀

                     

                    本年51日、改元により令和となりました。

                    そして本日1022日、皇位を継承したことを国の内外に示す儀式である即位礼が行われます。

                    とりわけ、メインとなる儀式が「即位礼正殿の儀」です。

                    即位礼正殿の儀は、例えるならば戴冠式や即位式にあたる重大な儀式です。

                     

                    宮殿正殿の松の間に高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)が設置され、それぞれ御装束に身を包んだ天皇皇后両陛下が登ります。

                    高御座とは天孫降臨に由来するもので、登壇することにより即位を意味します。

                    天孫降臨とは『日本書紀』や『古事記』に見られる神話です。

                    天皇家の祖先、つまり皇祖は天孫降臨するわけですが、126代の今上天皇も儀式として天孫降臨を再現するのです!

                     

                    科学が発達した21世紀になっても、まだそのようなことを…と思う方もいらっしゃるかもしれません。

                    しかし、私たちがここまで成長し発達できたのは、過去があり、それに学んだからなのです。

                    過去をかえりみず、初心を忘れた人には、成長はありません。

                    同様に伝統を受け継がず、「はじまりの時」を忘れた国には、繁栄はありません。

                    今を生きる私たちにできることは2つです。

                    古代から受け継がれた叡智に感謝し学ぶこと。

                    そして、次の世代に教えて引き渡すことです。

                     

                    1022日の即位礼ののち、1114日から15日にかけて大嘗祭が行われます。

                    即位礼だけでは完全な天皇とは言えず、大嘗祭を行う必要があります。

                    大嘗祭とは、五穀豊穣に感謝してその継続を祈る一代一度の祭祀で、宮中祭祀の重儀です。

                     

                    112日(土)と3日(日)の両日、大嘗祭について集中講座を開催します。

                    日本のこころシリーズ「大嘗祭の秘儀」〜受け継がれる祈りのかたち〜

                    大嘗祭を学べば、今まで気付かなかった多くのことに感謝できるでしょう。

                    そして、日本各地の祭りが興味深く、そしてもっと身近に感じられるでしょう。

                    大嘗祭は天皇ひとりの祭りではなく、私たちのための祭りでもあるのです。

                     

                    緊急開催!日本のこころシリーズ【大嘗祭の秘儀】集中講座 〜受け継がれる祈りのかたち〜  

                    西宮夙川(しゅくがわ)教室 はじめてでも大丈夫

                     

                    【日 時】 11月2日(土)・11月3日(日) 全2日 10時〜17時

                     

                    【受講料】 ¥30,000(税込)/全2日  ※お菓子とお抹茶付き♪

                     

                    【内 容】 令和という新しい時代を迎え、本年11月、大嘗祭が行われます。 大嘗祭は「日本国再生の秘儀」です! 2日間にわたって、大嘗祭と日本の祭祀についてお話いたします。

                     宮中祭祀とは、宮中で天皇陛下が自ら行われる祭祀です。 「お告文(つげぶみ)」を奏上する厳粛な「大祭」を筆頭に、「小祭」や「その他の祭儀」の3つの種類があります。 特に、大祭の中で唯一古代から受け継がれている重要な宮中祭祀が新嘗(にいなめ)祭です。 新嘗祭は『古事記』の雄略天皇の条に、その伝承を示す歌をみることができます。 また、毎年営まれる新嘗祭に対し、新天皇のご即位に際して行われる祭祀が大嘗祭です。 大嘗祭は天皇一世一代の祭祀で、「毎世(まいせい)の大嘗」と呼ばれる皇室の最も大切な祭祀です。

                     祭祀は文化の核、つまり精神的な支柱です。 祭祀には、民族や氏族固有の世界観、そして伝承が今なお息づいています。 祭祀は「原初の時」の記憶を維持し、それを繰り返すことで、共同体の意識を統合することができます。 天皇陛下自らが行う宮中祭祀の対極に位置するものが民間祭祀です。 興味深いことに、宮中祭祀には民間祭祀と多くの共通点があります。 民間祭祀の頂点に立つものが宮中祭祀であると考えると、納得もいきます。 特に宮中祭祀の最重儀である大嘗祭は、すでに失われてしまった民間祭祀の原型を見つけることができます。 京都で行われる祇園祭は、その絢爛豪華さから「動く美術館」と呼ばれます。 それならば、大嘗祭は「祭祀の玉手箱」です!

                     

                    ◎ 講座で学ぶこと ◎ 
                     ・大嘗祭は古代祭祀の玉手箱!  大嘗祭の中のシャーマニズム  大嘗祭の謎の御祭神
                     ・記紀から読み解く秘儀と呪術の世界  伊勢「神嘗祭」と宮中「大嘗祭」の関係
                     ・初代!神武天皇の「顕斎」秘儀   天岩屋戸神話と鎮魂呪術 
                     ・風の秘儀:天の羽衣と大嘗祭   水の秘儀:難波津の八十島祭と禊の呪術
                     ・火の秘儀:天皇の日継ぎと出雲の火継ぎ   土の秘儀:土器の呪法
                     ・柱の秘儀:縄文祭祀と大嘗祭

                     ・秘儀を伝承する日本の底チカラ  繰り返される古代の祈り

                     

                    【お申込みフォーム】

                     

                     

                    【11月のセミナー/ワークショップ】

                    ・2日(土) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座・前半
                    ・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 後半
                    ・3日(日) 【トルコのゆうべ】 トルコ研修旅行の想い出をクサビに♪
                    ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 筋・骨・肝&運動療法
                    ・12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会  もっと美味しくなる!健康長寿食
                    ・13日(水) タロット小アルカナ【状況を整え、現実を動かす数カードをマスターしよう♪】 数カード各論
                    ・17日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット3:成長のチャンス
                    ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 寿命と見た目とホルモンの連鎖
                    ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナハウス編】 心と現実をうつす分野・手段
                    ・20日(水) エメラルド・タブレット実占タロット編】  第4回:エメラルド・タブレットの創造
                    ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 いて座の仲間たち
                    ・26日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第5回:金星のアスペクト
                    ・27日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第2回:初期ディスクの教訓

                     

                    【新規講座・ワークショップ】

                    11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

                    ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

                    ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

                    ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

                    ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

                    ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路
                    ・12月26日(木) 【幸招き♪冬至正月 カモワンタロットセッション】  2020年の幸を招く♪

                    ・1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
                    ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方
                    ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

                     

                     

                    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


                    2019.10.18 Friday

                    令和最初の神宮神嘗祭にお参りさせていただきました

                    0

                      この度は令和最初の神宮神嘗祭にお参りさせていただきました。

                       

                      家田グループの皆様との貴重なご縁で、内宮神嘗祭・由貴夕大御饌の儀に奉拝させていただきました。

                      神嘗祭は国家安泰と五穀豊穣の祭祀で、年間千五百を越える伊勢祭祀の中でも最も重儀とされます。

                      特に今年は来月の大嘗祭に先駆けての神嘗祭にあたり、有り難いことこの上ないです。

                      ここ数年は雨模様でしたが、今回は非常に穏やかな天候での奉拝となりました。

                      月影が清浄な伊勢の森を照らす中、祭主の黒田清子様をはじめ、神職の皆様の祈る御姿は大変に美しく、心身が清まります。

                      また、宮川に沿いながら、園相神社、久具都比賣神社、大間国生神社、草奈伎神社、清野井神社にもお参り致しました。

                      日、月、水、土など自然の恵みと携わる皆様のご尽力のお蔭で、お米や野菜をいただけることに感謝致します。

                      特に今回は心を一つに合わせること、続けることの難しさ、有り難さを実感致しました。

                      いずれも、心身の健康が伴ってこそ行えることで、日頃の生活の積み重ねにも、神嘗祭の祈りがつながるのだと思います。

                      時代を越えても祈りが続くよう、微力ながらもお役に立ちたく存じます。

                       

                      これも、家田グループの皆様をはじめ、感謝と祈りの心を連綿と受け継いでくださった諸先輩・先人の皆様のお陰です。

                      ご縁あってご一緒させていただいた皆様にも感謝申し上げます。

                      ありがとうございます。

                       

                      【10月のセミナー/ワークショップ】

                      ・20日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット2:補強の惑星
                      ・22日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第4回:水星のアスペクト
                      ・23日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第1回:土星の階梯
                      ・23日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 さそり座の仲間たち

                       

                      【新規講座・ワークショップ】

                      10月23日(水)〜 アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 始末をつけ、人生をおさめる

                      ・11月2日(土)・3日(日) 日本のこころシリーズ 大嘗祭の秘儀 〜受け継がれる祈りのかたち〜 集中講座

                      ・11月12日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ体験会 もっと美味しくなる!健康長寿食

                      ・12月11日(水)〜 タロット小アルカナ【対人ストレスを和らげ、人間関係を円滑にする宮廷カードをマスター♪】

                      ・12月14日(土)〜 星のお稽古2020年【月のリズム星の調律 ルナロジーとセルフケア 

                      ・12月18日(水)〜 エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪

                      ・12月18日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 月星座の末路

                      ・1月11日(土)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】 日本書紀編纂1300年記念
                      ・1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方

                       

                       

                      セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


                      ▲top