カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 12月の天体運行 アストロロジー | TOP | 赤い星の三角形 アストロノミー >>

2007.12.06 Thursday

ふたご座流星群 アストロノミー

0
    12月14日頃、「ふたご座流星群」が極大を迎えます。流星とは、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。ふたご座流星群は、毎年12月14日ごろを中心に活動している流星群です。今年は14日夜から15日明け方(日本時間)にかけて最も多くの流星が出現するだろうと予想されていますが、ふたご座流星群の活動は数日間続きますので、極大の前後にも流星の出現が期待できます。
    ふたご座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで「三大流星群」と呼ばれています。十分に暗い夜空で晴天に恵まれれば、1時間に30個を越える流星を見ることができます。今年は、月明かりの影響を受けることなく観察できるという好条件に恵まれています。
    ふたご座流星群の放射点は夕方に東の方角にあり、真夜中にほぼ天頂を通って、明け方には西の地平線に傾いていきます。放射点が一晩中夜空にあるため、ふたご座流星群は、ほぼ一晩見ることができるます!

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/696735

    トラックバック

    ふたご座流星群 …あれこれ…
    布団から出るのがつらい日がありますね(-。-)y-゜゜゜。ふたご座流星群 。これ...
    (レミのメモ帳 2007/12/22 4:53 PM)

    ▲top