カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 大阪天満宮「秋思祭」 | TOP | 2007年9月の星占い >>

2007.08.30 Thursday

運命の輪

0
    絵柄のあるカードを用いるタロットは、イメージを主に用います。イメージは無意識に働きかけるには、とてもありがたい媒介でもあります。悩みを抱えている立場からでも、色々とイメージを膨らませて、絵柄の解釈を自由に広げていくことができます。しかし、もっと深い魂からのメッセージを受け取るには「象徴」を大切に扱うことも重要です。各カードの中にどのような「象徴」が描かれているかは口伝でもってしか伝わらないかもしれません。アルカナ(口伝、秘伝)という言葉は、ここに凝縮されます。

    展開中、隣り合うカードに共通点を見出すマルセイユタロットの流れを汲むカモワンタロットでは、この偶然性に大いに注目します。カードのイメージによる絵解きは、シンボルに通暁していなくとも、心模様の投影として活用することは可能です。しかし、どのような点で、隣り合うカードとの共通点があるかを見出せるかは、シンボリズムや数、色、神話などにある程度、精通していなければなりません。単なる「偶然」と見過ごすか、タロットからの「大いなるメッセージ」として受け取るかは、タロットリーダー、セラピストにかかっています。

    展開中のカード同士で、どのようなシンボルで連繋しているかに慣れてくると、より深いレベルでの連繋に気付くようになります。同じ数を共有しているだけではなく、一見異なる「数」にも共通したある特別な力を見出すこともあります。視覚的なシンボルにも、より敏感になります。これらに慣れていくと、今度はタロットカードだけではなく、身の回りの現象にも、ある「兆し」を見出すことができるようになるでしょう。

    運命は定められているものでしょうか?それとも自らが選択し、創造できるものでしょうか?その真実は、我々が人間である限りわからないものかもしれません。しかし、寄せては来る運命の波をいかに受け止め、目の前の現実にいかに対応するかは「本人」に任させていると考えることはできます。与えられた環境の中で、自らの魂が求める方向に歩む姿勢、あるいはそのプロセスが重要なことかもしれません。その意味では、自分らしい人生を創造的に生きることは可能です。カモワンタロットは、一人ひとりの中に人生を開く「力」が秘められていることを気付かせてくれます。

    その意味で、自分自身の人生は自分自身の責任におけていかようにも創造することができます。たとえ宿命として、登るべき山、進むべきゴールが定められているとしても、その歩み方、コース、あるいは頂上や目的に向うかどうかも、自身の選択によります。この人生に対しての責任性、選択性、創造性ことが、カモワンタロットの真髄といえるでしょう。

    この世は因果律だけでは説明できない不思議な現象があります。いわゆる「シンクロニシティー(共時性)現象」と呼ばれ、因果律から見ると何の関係性もない偶然の一致から大きな意味や気付き、感動を体験するというものです。タロットに習熟することでこの「シンクロニシティー現象」を意識的に発動させることが可能となります。運命の輪のクランクを自ら回す責任性を自覚することとなります。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/640039

    トラックバック

    タロット
    タロット プロフィール検索 動画検索 画像検索
    (いま人気のコトバとは? 2007/08/31 7:21 PM)

    ▲top