カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2007『魔笛』 | TOP | 8月の天体現象 >>

2007.08.08 Wednesday

ペルセウス座流星群

0
    毎年8月12〜13日頃、「ペルセウス座流星群」の活動が盛んになります。1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と合わせて「ペルセウス座流星群」は「三大流星群」と呼ばれ、1時間に30個以上の流星を見ることもできます。しかも、今年は8月13日が新月にあたり、月明かりに影響されずに観測できるという強みがあります。時間的には夜半過ぎ、特に13日の明け方がお勧めですが、11日夜〜14日朝までの数日間にわたって、流星を見ることができるでしょう。流星の放射点はペルセウス座ですが、空のどの方向にも見ることができます。都市部の明かりから少し離れ、「ペルセウス座流星群」を眺めてみてはどうでしょうか。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/624675

    トラックバック

    ペルセウス座流星群
    ペルセウス座流星群 プロフィール検索 動画検索 画像検索
    (これ知ってる? 2007/08/12 8:16 PM)
    ペルセウス座流星群の観測に挑戦
    ペルセウス座流星群が極大をむかえるということで流星観測にトライしました。にわか仕込みの天文知識でペルセウス座流星群は見られたのか?ミーハー天文ファンがつづるペルセウス座流星群の観測レポートをご覧下さい。
    (サイノメ 2007/08/15 3:07 PM)

    ▲top