カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< タロットのリーディングに奥行を!【聖地のランドスケープ & 3Dマルセイユタロット編】 神聖地相学 | TOP | 多くの聖地はほぼ例外なくこの神聖地相学によって建設されています >>

2020.01.15 Wednesday

マルセイユタロットの意外な秘密

0

    マルセイユタロットの意外な秘密

     

    皆さまは「遠近法」という手法をご存じでしょうか?

    美術の時間に習ったことがあるかもしれません。

    絵や図を描く時に、よりリアルに表現したい時に使いますね。

    遠近法は案外と古くから知られていました。

    それにも関わらず、古代から遠近法を使って表現されることは限られていました。

    特に、神聖なものを表現する時、むしろ遠近法は避けられたように思われます。

     

    マルセイユタロットの絵柄を見ると、ノッペリとしてた印象を受けます。

    少なくとも、遠近法を用いているようには見えません。

    マルセイユタロットが生まれた時代には、すでに遠近法はありました。

    印刷技術の都合で、遠近法が用いられなかったのでもありません。

    マルセイユタロットを生み出した人は、遠近法を避けたのです。

    そのおかげで、マルセイユタロットの中に大事なものを封印することができました!

     

    この世のすべてを、写実的にリアルに表現することが、必ずしもよいわけではありません。

    時には、隠すことで、大事なものを後世に伝えることができるのです。

    マルセイユタロットには、そのような智慧が、独特の表現方法によって受け継がれています。

     

    219日(水)から、「聖地のランドスケープ & 3Dマルセイユタロット編」を開催します。

    この講座では、マルセイユタロットが遠近法を用いないで描かれる理由と、秘められたチカラを学びます。

     

     

    タロット講座【聖地のランドスケープ3Dマルセイユタロット編】 神聖地相学

     

     西宮夙川(しゅくがわ)教室 中級クラス〜

     

    【日 時】 2020年2月19日(水)スタート 全6回講座 第3水曜日 10時〜17時
     2月19日(水)、3月18日(水)、4月15日(水)
    、5月20日(水)、6月17日(水)、7月15日(水)

     

    【受講料 一括お支払い:6回¥90,000
     分割お支払い:¥16,000×6回(全て税込表示)

     

    【内 容】 当講座では、ランドスケープ(地相)のシンボリズムを学びます。 具体的な場所選定占いに役立つだけではなく、外界と内なる世界を調和させることもできます。 また、タロットのパスワーク(精神的な旅をする一種の瞑想ワーク)で無暗に迷わず、安全に進むためのライフラインにもなります。

     パワーが強くみなぎる場所もあれば、心身が安らぐところ、豊かに賑わうエリアなど、土地にはそれぞれ個性的なエネルギーがあります。 土地のエネルギーは国家や都市の気運に影響を与えると考えられ、古来、都や王宮、神殿などの土地選びは神聖な技術とされました。 これは陰陽道や風水といった東洋のものに限らず、エジプト、メソポタミア、アナトリア、ギリシャ、ケルトなど古代世界のどの文明・文化においてもみられるものです。

     現代でも、地元の神社仏閣を大切にし、住まいや職場の場所を慎重に選ぶのは、暮らしを守る土地の恩恵を認めているからでしょう。 旅先で訪れる土地のチカラにあやかり、人生を好転させることもあります。 外的環境は内的世界に影響を与えるのですから、住む場所や訪れる土地を変えることで、心地はもちろん、生まれ持った可能性のあらわれ方、運気も変わります。 土地のチカラを司るのは地形や風土、景観といった、いわゆるランドスケープ(地相)です。 万人に好条件の土地もあれば、個性や状況、タイミングに相応しいランドスケープもあります。

     

    タロットカード一枚ごとに特徴的な景色や場所が描かれています。 様々なランドスケープを旅するように、杖をついて歩くカード(数のない愚者)は聖地巡礼をあらわします。 そうです! タロットには聖なるランドスケープの教えが秘められています♪ 旅は人生の縮図であり、旅先での過ごし方が人生の恵みや課題を暗示しています。 タロットは高みを目指しながらも豊かに生きるためにはどのようなランドスケープが相応しいか、その場ではどのように過ごすかを教えてくれます。 人生という旅で迷子にならないためにも、ランドスケープのシンボリズムを学びましょう!

     

    ◎ 講座で学ぶこと ◎
     ランドスケープとは 神聖地相学
       聖地巡礼 天と地のエネルギーをむすぶ都市設計と建築 状況に応じた最適な場所の選定
     ・大アルカナ各論  カードの背景
       ランドスケープの見立てと事例 ゲニウスロキ(地霊)との関わり方 リーディングの応用
     ・内なるヴィジョンのランドスケープ 内なる旅で迷わないために
       マルセイユタロットに白抜きが描かれる訳 22の道行き(パス)のランドスケープ
     ・3Dマルセイユタロット
       マルセイユタロットが逆遠近法で描かれる訳 カードを立体的に捉えてみる 連繋の奥行き
     ・対人リーディング実占&振り返り 

     

    ☆こんな方におススメです☆
     ・タロットのリーディングをさらに深めたい方
     ・聖地巡礼や土地選定、地脈、ポートに興味がある方
     ・安全にタロットの「パスワーク」を進みたい方

     

    【お申込みフォーム】

     

     

    【1月のセミナー/ワークショップ】

    15日(水) エメラルド・タブレット応用タロット編】  キバリオン7つの法則で、人生をアップグレード♪後半
    ・19日(日) アストロロジー中級コース日曜【秘儀3惑星トランシット編】 トランシット5:月間の調整
    ・21日(火) 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 発酵食の効果、野菜の乾物1
    ・21日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 新月生まれの心と現実と魂の照応
    ・22日(水) アストロロジー星を究める会【星の錬精術 土星を究める編】 第4回:土星回帰、中年期
    ・22日(水) 星占いサロン第7弾☆月の末路♪【月星座(ルナサイン)の光と蔭 みずがめ座の月の末路
    ・28日(火) アストロロジー初級【星のカタチ★アスペクト編】火曜 西宮教室 第7回:木星のアスペクト

     

    【新規講座・ワークショップ】

    1月21日(火)〜 「新☆発酵食&乾物クッキング」宝塚ピピアめふ料理教室 健康長寿の食べ方

    ・1月21日(火)〜 気づきのアストロロジーグループレッスンルナフェイズ編】 心と現実と魂の照応

     

    ・2月19日(水)〜 タロット講座【聖地のランドスケープ3Dマルセイユタロット編】  タロットの神聖地相学
    ・2月24日(月)〜 日本のこころシリーズ 【神々と神社ことはじめ】月曜クラス 日本書紀編纂1300年記念


    ・3月8日(日)〜 新☆発酵食&乾物クッキング + 野菜に強くなる♪西宮料理教室 健康長寿の食べ方
    ・3月15日(日)〜 アストロロジー中級コース日曜【スピリチュアルアストロロジー編】 自己を知っておさめる
    ・3月24日(火)〜 アストロロジー特別講座【個を超越するパワートランスサタニアン編】 秘儀3惑星

     

     

    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


    コメント

    コメントする









    ▲top