カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【11月のこよみ 伝統行事 月の運行】【11月のセミナー/ワークショップ】 | TOP | 蠍座の新月には、大切なものが受け継がれていること、継承への気付きを得ます >>

2018.11.06 Tuesday

タロットカードが逆さまに出た場合、それは「解決すべき課題」

0

    タロットカードの解釈の落とし穴

     

    タロットカードの占いで注意すべきことがいくつかあります。

    そのうちの1つに、カードの向きがあります。

    一般的には、カードの向きが変われば、解釈が変わります。

    カードの向きには2通りあります。

    つまり、「通常の向き(正立・正位置)」と「逆さま(倒立・逆位置)」です。

    上記のとおり、注意すべきこととは、カードが逆さまに出たケースです。

     

     

    まず1つ目ですが、「逆さま=不吉」というのは誤りです。

    この誤りが原因で、逆さまに出たカードに悪意を込めてネガティブに解釈することがあります。

    あるいは、「逆さま=NO」という単純な解釈に陥り、否定形でリーディングすることがあります。

    わかりやすくするために一例を挙げましょう。

    「行く」を意味するカードが逆さまに出た時、「行かない」と単純に解釈するのは誤りです。

    その解釈はあまりに単純すぎて、クライアントさんの現状とかけ離れる危険を伴います。

    つまり、カードが伝えるメッセージと違うことを発言してしまい、クライアントさんの信頼を失いかねません。

    カードが逆さまに出た場合、それは「解決すべき問題(課題)」を意味するのです。

    これはタロットの起源や仕組みを考えると分かることでしょう。

    ただ、問題(課題)なので、決して軽視すべきではありません。

    問題に陥らないよう、リーダー(占い師側)とクライアントさんが慎重になるべきです。

    しかし必要以上にクライアントさんを怖がらせるのは大問題で、逆効果です。

    カードが逆さまに出ることは良くないと思い込んでいるクライアントさんがいます。

    その思いを助長して、クライアントさんの未来に暗雲を立ち込めさせるだけです。

    リーダーがクライアントさんの不安を払拭するならまだしも、陥れるようなことをしてはいけません!

    ネガティブな解釈だけで終わってしまうことが重なると、クライアントさんはどう感じるでしょう?

    かつて「タロットカードは怖い」と言うようなことを聞きました。

    ここでハッキリお伝えしたいことがあります。

    タロットは「問題をクリアする」ために存在します。

    そして、リーダーはそのように努めるべきです!

     

    2つ目に、逆さまのカードには少なくとも4種類のまったく違う解釈が存在します。

    ただし、クライアントさんがカードを引き当てるので、その可能性は2つに、そして1つに絞り込まれます。

    1つに絞り込むにはテクニックが必要で、慣れる必要があります。

    しかし、一度慣れてしまえば、最低限4種類ある解釈から1つの答えを導き出すことができます。

    まず、この事実を知っていただきたいと思います。

    上記のとおり、「逆さま=NO」という解釈しかできないままだと、よく当たっても50%です。

    うっかりすると25%の確率でしか当たらず、75%は外れです。

    当スクールでは、「タロットは『当てもの』ではない」と、まず教授します。

    そうは言っても、外れる確率が高すぎるのは困ります(笑)。

    外れる原因の一つは、逆向きのカードの解釈を最低でも4種類に分け、それを絞り込む技術を持っていないからです。

     

    逆向きカードをどう読むか…。

    そこには、リーダーの個性や人柄が滲み出ます。

    リーダーの個性などを活かしつつも、適切に逆向きカードを読む必要があります。

    逆向きカードを引き当てたクライアントさんにとっては、「解決すべき問題」です。

    大事な課題なのです。

    そもそも逆向きのカードについて、不吉ではないと説明できる必要があるでしょう。

    そして、クライアントさんがハードルを乗り越えていけるように助言するのがリーダーの役目です。

     

    1121日(水)から、タロット特進クラス【シンボルリーディング 道具編】がスタートします!

    3回講座(3日間)にわたって、道具のシンボルについて深く学びます。

    シンボルを学びながら、今回は特に、逆向きになったカードを上手に読み解くレッスンも行います!

    クライアントさんにとって適切に助言できるようスキルアップしましょう!!

    どうぞ、お楽しみに!

     

     

    【11月のセミナー/ワークショップ】

    ・11日(日) かんたん!ハーブ&やさい薬膳 料理教室 西宮日曜クラス 集中講座 高血圧/月経と老後
    ・14日(水) 秘伝カモワンタロット 手品師(初級)コース 第6回:動的展開法 フルバージョン
    ・18日(日) アストロロジー初級【星のカタチ☆アスペクト編】 第4回:水星と6惑星のアスペクト
    ・20日(火) ハーブ&やさい薬膳♪メディカルレベルの高い第2期 ドロドロ血管をキレイに
    ・20日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【シグニフィケイター編】 表示体のリーディング
    ・21日(水) タロット特進クラス【シンボルリーディング 道具編】 シンボルのメッセージ
    ・21日(水) 星占いサロン第5弾☆言葉のチカラ【12星座の口癖あるある!】 いて座の口癖☆あるある
    ・27日(火) アストロロジー初級コース【7惑星×12ハウス】平日火曜 西宮教室 第3回:魅力と仕事のハウス
    ・28日(水) アストロロジー星を究める会【星影をうつす☆アンティスキア編】 第2回:アンティスキア・チャート

     

     

    【新規講座・ワークショップ】

    11月21日(水) タロット特進クラス【シンボルリーディング 道具編 シンボルのメッセージ

    ・12月5日(水) アストロロジー・ワークショップ【2019年上半期 星のリズム☆プラネット運行】 天文の兆し

    ・12月12日(水)〜 シンボルで癒すタロットセラピスト【対人リーディング習得コース】 リーディングの妙
    ・12月19日(水)〜 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 やぎ座の仲間たち

    ・2019年1月15日(火)〜 ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚 正しい食事法で老化を遅らせる

    ・1月22日(火)〜 アストロロジー初級コース【ハウス・カスプ編】平日火曜 西宮教室 ハウスのサインを読む


     

    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/1071825

    トラックバック

    ▲top