カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 蟹座の新月は、護られていることに感謝します♪ | TOP |

2018.07.14 Saturday

内面の動きは、行動パターンとしてあらわれ、人生の選択にも影響を与えます。

0

    人が行動を起こすとき、自分なりの意味づけや確信に基づいていることがしばしばです。

    無意識的な感情的反応であっても、同じことがいえます。

    誰かに言われた言葉をどう受け止めるか、ちょっとした表情をどう理解するかは、本人の自由な解釈によります。

    会話中に相手が眉をひそめたとしたら、「私の話は面白くないのかな?」と推測したり、「私のことに興味がないのだ」と結論を出したりします。

    もしかしたら、相手はただ単に疲れていただけかもしれません。

    同じものを観察しても、人によってフォーカスする部分が異なり、それぞれの意味づけを行うため、意見や感想の食い違いが起こります。

    しかも、自分なりの意味づけを通した「推測」を「事実」だと思い込むと、相手の「意味づけから導いた結論」を認めることが難しくなります。

    もし、誰しも物事の受け止め方に癖があると気付けたら、自分に対しても、関わる人に対して、余裕をもつことができるでしょう。

     

    アストロロジーの醍醐味の一つは、人の複雑な心模様や人生について、象徴的な理解をもたらしてくれることです。

    出生アストロチャートの惑星は「内なるチカラの源」、言い換えるとサブパーソナリティーとすることができます。

    人は一面ではなく多面的な存在で、出逢う人や物事によって、引き出されるものも変わります。

    惑星間の結びつきを「アスペクト」と言います。

    この惑星の相互関係から、物事の受け止め方や意味づけの偏り・癖を読むことができます。

    人の表情から細やかな感情を汲み取ろうとする人もいれば、大ざっぱな好き嫌いを判断する人もいますし、思考パターンを読む人もいます。

    細やかな感情といっても、ポジティブな面にフォーカスするケースもあれば、裏読みをするケースもあります。

    惑星のアスペクトから、自分自身の意味づけパターンを見つけることができれば、物事の受け止め方や判断によって、周りとのつながり方を制限していたと分かるでしょう。

     

    また、内なるサブパーソナリティー同士の関わりを「アスペクト」としてみる場合、持って生まれたチカラの活かし方も読めます。

    例えば、他人に対する優しさと厳しさが拮抗すれば葛藤や迷いになりますが、折り合えば親心のような慈愛にもなります。

    各アスペクトに一定のパターンはありますが、使い方によっては結果を変えることもできます。

     

    8月19日(日)から開催する、アストロロジー初級【星のカタチ☆アスペクト編】では、7惑星のメジャーアスペクトについて丁寧に学びます。

    惑星の序列通りにアスペクトの影響が決まるほど、人の心は単調ではなく、運命も計り知れません。

    太陽と月のアスペクト(いわゆる月相と関わります)も、太陽から見える月の姿と、月から見える太陽の表情には、違いがあって当然です。

    メジャーアスペクトは5種類ですが、それぞれに特徴があり、良いアスペクト、悪いアスペクトという考え方は残念です。

    ハサミとカッターのどちらが良くて、ハンマーとペンチのどちらが悪いということはありません。

    それぞれの道具に向き不向きがあるとしても、あるアスペクトがいつも吉で、別のアスペクトがいつも凶、ということはありません。

    オポジション(衝)とスクエア(矩)を同種のアスペクトとされることが多いのですが、月相でいえばオポジションは満月で、スクエアは半月ですから、それぞれの影響は全く違います。

    同じように、トライン(三分)とセクスタイル(六分)も一見似ているようで全く調子が違います。

    アストロロジーは関係性の学びですが、とりわけアスペクトは結びつきについての大切な気付きを与えてくれます。

    ですから、相性や時期占いにはアスペクトは欠かせません。

    7惑星と5つのアスペクトの組み合わせを学ぶことで、アスペクトの基礎力を身につけていただきたいと思います。

     

    内面の動きは、行動パターンとしてあらわれ、人生の選択にも影響を与えます。

    各惑星のアスペクトを通して、自分の癖や課題に気付き、チカラを活かす手掛かりをゲットしてください。

    そして、もっと自由につながる人生に変えていただきたいと思います。

     

    アストロロジー初級特進クラス【星のカタチアスペクト編】

    西宮夙川(しゅくがわ)教室 初級・特進クラス

     

    【日 時】 8月19日(日)スタート 10時〜17時 第3日曜日
     全8回
      8月19日、9月16日、10月21日、11月18日、12月16日、翌年1月20日、2月17日、3月17日 

     

    【受講料】 ¥15,000(税込)/1日講座(税込)

     

    【内 容】  同じ人物でも、関わり方によって見える姿は変わります。 例えば、ある女性を友達が見るとき、伴侶が見るとき、子どもから見るとき、師から見るときでは、それぞれ見え方が違います。
     アストロチャートの惑星も、立ち位置によって顔つき・表情・趣きが変わります。 惑星が見せる表情・様相を「アスペクト」と言います。 太陽と月の関わり方も、お互いを助け合う関係もあれば、刺激する関係、鍛える関係など、さまざまな「アスペクト」があります。 当講座では、7惑星のアスペクトを丁寧に学びます♪ 

     

    【お申込みフォーム】

     

     

    【7月のセミナー/ワークショップ】

    ・15日(日) アストロロジー初級【インターセプト☆マジョリティー編】 第2回:振り子のブレ
    ・17日(火) ハーブ&やさい薬膳♪メディカルレベルの高い第2期 抗がん食事法
    ・17日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ソーラーリターン編】 ソーラーリターンDSCとネータル
    ・18日(水) タロット特進クラス【シンボルリーディング・動物編】 ライフサポートのチカラ・後半
    ・24日(火) アストロロジー特別WS【12サインのカラーワーク】 心と体でチャージする12星座のエナジー
    ・25日(水) アストロロジー星を究める会【神秘の月を究めよう♪編 第5回:運命の引寄せ「ドラゴン」後半
    ・20日(水) 星占いサロン第5弾☆言葉のチカラ【12星座の口癖あるある!】 しし座の口癖☆あるある

     

    【新規講座・ワークショップ】

    ・7月24日(火) アストロロジー特別WS【12サインのカラーワーク】 心と体でチャージする12星座のエナジー

     

    ・8月15日(水)・9月19日(水) タロットセラピー【ヘルメス・テクニック】 意識と無意識の間に光を当てる♪
    ・8月19日(日)〜 アストロロジー初級【星のカタチ☆アスペクト編】 7惑星の各アスペクト

     ・9月25日(火)〜 アストロロジー初級コース【7惑星×12ハウス】平日火曜 西宮教室 具体的な分野で活かす


     

    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/1071784

    トラックバック

    ▲top