カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 山羊座の満月は、磐座や大樹など永く生きているものに心をむける、伝統的なことを意識する、「守りぬく」と決めるとよいタイミング | TOP | 【7月のこよみ 伝統行事 月の運行】【7月のセミナー/ワークショップ】 >>

2018.07.01 Sunday

2018年7月の天体現象のお知らせです。

0

    2018年7月の天体現象のお知らせです。

     

    ■下弦の月

    6日に迎えます。

     

    ■新月

    13日に迎えます。

     

    ■上弦の月

    20日に迎えます。

     

    ■満月

     28日に迎えます。

     今年最小の満月です。

    皆既月食が起こります。

    月のそばには最接近を目前に控えた火星が明るく輝いています。

    7月28日の皆既月食は、1月31日に続いて今年2回目となります。

    おおよそ東北地方以西で月の入りの前に皆既食を迎え、月は皆既食のまま沈みます。

    それ以外の地域では、月は皆既食になる前に沈みます。

    月は、南西の空で3時24分に欠け始め、4時30分に完全に欠けて皆既食となります。

    皆既食は、6時14分まで1時間44分も続きますが、日本ではこの時刻よりも早く月が沈むため、皆既食の後の様子は観察することができません。

     

    ■遠日点通過

    7日、地球が遠日点を通過します。

     

    ■水星

    上旬は日の入り直後の西の低空に見え、12日に東方最大離角となります。

    13日までは日の入り30分後の高度が10度を超え、観察しやすくなります。

    中旬以降は見かけの位置が太陽に近く、観察は難しいでしょう。

    1日から13日までの明るさは、マイナス0.0等〜0.6等です。

    25日に留となります。

     

    ■金星

    日の入り後の西の低空で明るく輝いています。

    明るさはマイナス4.1等〜マイナス4.2等です。

     

    ■火星

    やぎ座を背景に西に移動しています(逆行)。

    27日に衝、31日に地球に最接近し、観望の好機を迎えます。

    中旬になると20時頃に南東の空から昇るようになり、真夜中頃に南中します。

    明るさはマイナス2.2等〜マイナス2.8等です。

    最接近のころは、木星よりも明るく輝きます。

    火星は地球のひとつ外側にある惑星で、約780日(約2年2カ月)の周期で地球への接近(会合)を繰り返しています。

    地球の軌道はかなり円に近い形をしていますが、火星の軌道は少しつぶれた楕円形をしています。

    また、会合周期がちょうど2年ではなく2年2カ月であるため、火星と地球が接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わります。

    最も近い位置での接近と最も遠い位置での接近では、距離が2倍ほど違います。

    火星の直径は地球の半分程度と小さく、遠い時は表面のようすがよく観察できませんが、地球との最接近を迎えるころは火星が大きく見えるため、観察の好機となります。

     

    ■木星

    てんびん座を背景に西に移動しています(逆行)。

    11日に留となり、以降は東向きの動き(順行)に転じます。

    留のころには、星空の中での木星の動きが止まったように見えます。

    日の入り後の南から南西の空に見えます。

    明るさはマイナス2.3等〜マイナス2.1等です。

     

    ■土星

    いて座を背景に西に移動しています(逆行)。

    日の入り後の南東から南の空に見えます。

    明るさは0.0等〜0.2等です。

     

    ■みずがめ座δ(デルタ)南流星群

     30日に極大化を迎えます。

     

    ■「半夏生」

     2日、太陽黄経100度に至ります。

     

    ■「小暑」

    7日、太陽黄経105度に至ります。

     

    ■「土用入り」

     20日、太陽黄経117度に至ります。

     

    ■「大暑」

    23日、太陽黄経120度に至ります。

     

     

    ※この記事の星座は実際に夜空に見える星々の布置のことを指し、占星術でいうところのサインとは異なります。

    地域により天体の見え方が異なりますので、詳しくは各地の天文台にお問合せください。

     

     

    【7月のセミナー/ワークショップ】

    ・8日(日) かんたん!ハーブ&やさい薬膳 料理教室 西宮日曜クラス 集中講座 疲労・夏バテ/泌尿器
    ・11日(水) 秘伝カモワンタロット 手品師(初級)コース 第2回:カモワンタロット7つの法則
    ・15日(日) アストロロジー初級【インターセプト☆マジョリティー編】 第2回:振り子のブレ
    ・17日(火) ハーブ&やさい薬膳♪メディカルレベルの高い第2期 抗がん食事法
    ・17日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ソーラーリターン編】 ソーラーリターンDSCとネータル
    ・18日(水) タロット特進クラス【シンボルリーディング・動物編】 ライフサポートのチカラ・後半
    ・24日(火) アストロロジー特別WS【12サインのカラーワーク】 心と体でチャージする12星座のエナジー
    ・25日(水) アストロロジー星を究める会【神秘の月を究めよう♪編 第5回:運命の引寄せ「ドラゴン」後半
    ・20日(水) 星占いサロン第5弾☆言葉のチカラ【12星座の口癖あるある!】 しし座の口癖☆あるある

     

    【新規講座・ワークショップ】

    ・7月10日(火) アストロロジー特別WS【12サインのカラーワーク】 心と体でチャージする12星座のエナジー

     

    ・8月15日(水)・9月19日(水) タロットセラピー【ヘルメス・テクニック】 意識と無意識の間に光を当てる♪
    ・8月19日(日)〜 アストロロジー初級【星のカタチ☆アスペクト編】 7惑星の各アスペクト

     ・9月25日(火)〜 アストロロジー初級コース【7惑星×12ハウス】平日火曜 西宮教室 具体的な分野で活かす


     

    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/1071778

    トラックバック

    ▲top