カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【4月のこよみ 伝統行事 月の運行】 | TOP | 天秤座の満月は、バランスと整える、おまつりする、「これまでの人生に感謝し明るい未来を創る」と決めるとよいタイミング >>

2017.04.03 Monday

2017年4月の天体現象のお知らせです。

0

     2017年4月の天体現象のお知らせです。

     

     

    ■上弦の月

     4日に迎えます。

     

    ■満月

     11日に迎えます。

     

    ■下弦の月

    19日に迎えます。

     

    ■新月

    26日に迎えます。

     

    ■アルデバラン食

    1日の宵、月齢4の細い月がおうし座の1等星アルデバランを隠す「アルデバラン食」が起こります。

    今回のアルデバラン食は、日本全国で観察することができます。

    潜入、出現ともに、空の中ほどの見やすい位置で起こりますが、潜入の時刻にはまだ空が明るいため、肉眼ではアルデバランを見つけることができないかもしれません。

    月を手掛かりに望遠鏡や双眼鏡を使ってアルデバランを探すと、アルデバランが月の暗い縁に隠れる瞬間、突然消えるように見える“潜入”のようすを観察できるでしょう。

    東京では、この“潜入”が18時45分、京都では18時40分、アルデバランが月の明るい縁から現れる“出現”が19時53分、京都では19時50分です。

    出現後には、空も十分暗くなり、月のすぐ近くでオレンジ色に輝くアルデバランを確認することができるでしょう。

     

    ■水星

    1日に東方最大離角となり、上旬は日の入り後の西の低空に見えます。

    7日までは、日の入り30分後の高度が10度を超えて見やすくなります。

    10日には留となります。

    中旬から下旬にかけては見かけの位置が太陽に近くなり、観察は難しくなります。

    20日に内合となり、以後は日の出前の東の低空に位置するようになります。

    1日から7日までの明るさは、マイナス0.1等〜1.1等です。

     

    ■金星

    日の出直前の東の低空で明るく輝いています。

    上旬は高度が低くて見つけにくいのですが、下旬に向けて徐々に高度が上がり、見つけやすくなってきます。

    13日には留となります。

    明るさはマイナス4.2等〜マイナス4.5等です。

    30日に最大光度となります。

     

    ■火星

    上旬にはおひつじ座を背景に、東へ移動しています。

    中旬には背景をおうし座に移します。

    日の入り後の西の低空に見え、東京では21時前に沈みます。

    明るさは1.5等〜1.6等です。

     

    ■木星

    おとめ座を背景に、日の入りのころに東の空に昇ってきます。

    8日に衝となり、観望の好機を迎えます。

    明るさはマイナス2.5等〜マイナス2.4等です。

    衝の時期の木星は、日の入りの頃、東の空から昇り、真夜中頃に南中し、日の出の頃に西の空に沈んでいきます。

    木星のすぐ近くにはおとめ座の1等星スピカがみつかります。

    1.0等のスピカに対してマイナス2.5等の木星はひときわ明るく見えるでしょう。

    10日から11日にかけて、月がこの木星のそばを通過します。

    最も近づくのは、11日の朝であることから、10日、11日と二日続けて観察すると、背景の星空に対する月の移動のようすがよくわかるでしょう。

    11日は満月です。

    月明かりに負けずに輝く木星を楽しみましょう。

     

    ■土星

    いて座を背景に、東京では上旬には夜半頃に、月末には22時頃に南東の空に昇ってきます。

    6日に留となり、それまでゆっくりと東へ移動(順行)していた土星は、以後は西向きの移動(逆行)に変わります。

    留のころは、星空の中での土星の動きが止まったように見えます。

    明るさは0.4等〜0.3等です。

    夜明け前の南の空には、夏の星座と土星が見えています。

    4月17日、この土星に、下弦にむかって徐々に欠けつつある月が3度以下まで近づきます。

    この日の土星は、前日の23時頃、月を追いかけるように昇ってきて、最も月と近くなるのは、東京では未明の3時45分頃、その後、5時過ぎの夜明けとともに青空に溶け込んでいきます。

    月と土星が近づくようすは、今年、何回か観察できますが、最も近づいて見えるのは、夜のうちに接近を迎える今回となります。

     

    ■天王星

     14日、合を迎えます。

     

    ■4月こと座流星群

     22日、極大化を迎えます。

     

    ■「清明」

     4日、太陽黄経15度に至ります。

     

    ■「土用」

     17日、太陽黄経27度に至ります。

     

    ■「穀雨」

     20日、太陽黄経30度に至ります。

     

    ※この記事の星座は実際に夜空に見える星々の布置のことを指し、占星術でいうところのサインとは異なります。

    地域により天体の見え方が異なりますので、詳しくは各地の天文台にお問合せください。

     

     

     

     

     

    【4月のセミナー/ワークショップ】

    ・9日(日) 食で癒す「一汁三菜アドバイザー」養成 初級 西宮集中講座 第2日目:下ごしらえ・味付け・主菜
    ・16日(日) アストロロジー初級コース【7惑星と12サイン】西宮教室 第1回:アストロロジーとは
    ・18日(火) ハーブ&やさい薬膳♪料理教室 宝塚 肌環境はハーブでスッキリ!肌荒れ・湿疹・しわ・くすみ
    ・18日(火) 気づきのアストロロジー「出生チャート」を読む会  特殊なアスペクト:折り合い
    ・19日(水) タロット【小アルカナ・マスターコース】平日水曜 西宮教室 第10回:宮廷カード編5 リポジション
    ・19日(水) 星占いサロン第4弾☆アストロ・パワー・フード【12星座の食べ物編】 おうし座のアストロ・フード
    ・23日(日) タロット【小アルカナ・マスターコース】日曜日 西宮教室  第9回:宮廷カード編4 騎士のチカラ
    ・26日(水) アストロロジー中級【エレクショナル占星術・実習編】 第2回目:時機占い実占

     


    【新規講座・ワークショップ】

    4月16日(日)〜 アストロロジー初級コース西宮教室 7惑星と12サインで自分らしい人生マップ

    ・5月3日(祝)〜4日(祝) 高野山ワークショップ「内なるタロット〜時空を超えて自分と出逢う♪〜」
    ・6月3日(土) もはや伝説!37種のスパイスをブレンドしよう♪カレースパイスブレンド実践会

    ・6月10日(土) アストロロジー特別お星さまワークショップ【2017年下半期の星のリズム☆プラネット運行】
    ・6月14日(水) アストロロジー特別お星さまワークショップ【2017年下半期の星のリズム☆プラネット運行】

    ・7月9日(日)〜 食で癒す「一汁三菜セラピスト」養成 中級 西宮集中講座
    ・7月19日(水)〜 タロット大アルカナ【ヘルメスの天秤♪ポーラリティー・リーディング】



    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/1071617

    トラックバック

    ▲top