カモワンタロットセラピーとアストロロジー(占星術)のILLUMINATRIX ブログ

暗闇にこそ光がみえます
運命の潮を読み、人生の羅針盤となるアストロロジーとマルセイユカモワンタロットセラピーのサイト

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 乙女座の満月は、滋養のあるものを食べる、入念にヘアケア・ボディケアをする、ペットや観葉植物の世話を楽しむとよいタイミング | TOP | 今年も四天王寺さん日想観に参列できました。明日【エレクショナル占星術・実習編】は《2017年春分図》を解説 >>

2017.03.19 Sunday

昼と夜の長さが等しくなることで、陰陽、天地、過去と未来、先祖と子孫など、「対となるもの」のバランスがはかられます

0

    □■春分のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2017■□

     

     

     

     3月20日(祝)は「春分の日」です。
     「春分の日」には昼と夜の長さが等しくなり、この日を中心に前後7日間が「お彼岸」です。
     昼と夜の長さが等しくなることで、陰陽、天地、過去と未来、先祖と子孫など、「対となるもの」のバランスがはかられます。
     春分前後は感謝と祈りが通じやすいときです。

     世界各国の聖地では、「お日さま」のお祭りが執り行われてきました。
     日本では古くから、春分には、東から昇る「朝日」と西に沈む「夕日」を拝み、いのちの連鎖に感謝しました。
     そして、日々の営みがつつがなく続くようにと、祈りをささげました。

     その心を後世に伝えるためにも【春分のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2017】発足!

     プロジェクトといっても、とても簡単です。
     春分の日に、皆さまと心あわせて、「お日さま」に感謝の気持ちをおくります。
     朝日と夕日を眺めることはできますが、日中のお日さまは強すぎて、直接観ないようにしましょう。
     たとえ、春分の日に曇天や雨天でもお日さまの光を感じることはできます。
     太陽が春分点に至るのタイミングは、今年は19時29分です。

     以上、シンプルなことですが、ずっと受け継がれてきた「お日さま」のお祭りを続けていきましょう♪

     

    【耳より情報】
     大阪四天王寺の西側にある極楽門では、春分と秋分の年二回、夕日の法要「日相観」が営まれます。
     彼岸の日の夕日が、門の真ん中を通るということで、千数百年続いている行事です。
     他にも各地の聖地では、春分のお日さまを拝む習わしが続いています。
     皆さまの地元でも、「お日さまのお祭り」が執り行われているかと思います。
     是非、チェックしてみてください♪

     

     

     

    【3月のセミナー/ワークショップ】

    ・21日(火) ハーブ&やさい薬膳♪料理教室 宝塚 貧血は「疲れる・鈍る・老ける」
    ・21日(火) 気づきのアストロロジー「出生チャート」を読む会  特殊なアスペクト:大幸運
    ・22日(水) アストロロジー中級【エレクショナル占星術・実習編】 第1回目:2017年春分図
    ・26日(日) タロット【小アルカナ・マスターコース】日曜日 西宮教室  第8回:宮廷カード編3 王のチカラ

     


    【新規講座・ワークショップ】

    3月22日(水)〜 アストロロジー中級【エレクショナル占星術・実習編】 時空にいのちを吹き込む
    ・4月16日(日)〜 アストロロジー初級コース西宮教室 7惑星と12サインで自分らしい人生マップ

    ・5月3日(祝)〜4日(祝) 高野山ワークショップ「内なるタロット〜時空を超えて自分と出逢う♪〜」
    ・6月3日(土) もはや伝説!37種のスパイスをブレンドしよう♪カレースパイスブレンド実践会





    ※セミナーやワークショップ開催情報については、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://tarotblog.ism-21.com/trackback/1071611

    トラックバック

    ▲top